千葉県市川市のSNSタウンコミュニティ。店舗掲載/求人広告は無料から

会員登録(無料)はこちら >>  ログイン >>   ヘルプヘルプ
ナイスミドル
ナイスミドル

肩から腕の、しびれ や だるさ と、首元の痛み( 胸郭出口症候群

ファミリー 治療院マッサージ
本八幡(市川市)のマッサージ専門 ファミリー 治療院
千葉県市川市八幡 3-26-2 (京成八幡駅北口正面)
首や肩の、強い凝りだけでなく、肩から腕に“しびれ”や“だるさ”を感じてきたら、注意が必要です。
もしかしたら、胸郭出口症候群かもしれません。
胸郭出口症候群は、首スジから胸元を走行している神経や血管が圧迫を受け、肩から腕にかけて、“しびれ”や“だるさ”などが出る症状を言います。


胸郭出口は、胸の「鎖骨」と「第一肋骨」とのすき間(7mmぐらい)、を言います。
このすき間に、心臓から腕に向かう動脈や、首から腕に伸びる神経の束、そして腕から心臓に戻る静脈、などが通っています。
狭い通路なので、過労や緊張などで、このすき間が圧迫されると、“しびれ”や“だるさ”などの神経症状(=症候群)が起きます。


例えば、デスクワークのように、頭を前方に突き出すような姿勢をしていると、首スジから胸元(胸郭出口)が、内側へと圧迫されます。
あるいは、商品を毎日抱える仕事や、子供を抱えていると、胸元の筋肉を緊張させて、胸郭出口のすき間を狭くします。
特に、なで肩は、胸郭出口が狭くなるので、筋力が弱いと、腕の重みで神経が圧迫され易くなります。


しかも、肩甲骨付近に、凝りや緊張が強まると、更に、症状を悪化させます。
肩甲骨が、下方に引っ張られる結果、鎖骨を引き下げる為です。
胸郭出口を狭めるだけでなく、肩甲骨付近の凝りや緊張が、神経を強く刺激します。


胸郭出口症候群のチェック法として、鎖骨の方向確認があります。
鎖骨の本来の位置は、胸を広げるように、中央から斜め上方に伸びて、ツッカエ棒の役目を果たしています。
しかし、両側の鎖骨が、V字ではなく、水平近くになっていると、胸郭出口が狭くなっている可能性があります。


また、鎖骨の上のくぼみ(胸郭出口の上部)を、指で圧迫する方法もあります。
症状があると、神経が敏感になっているので、圧痛や、腕にひびく痛みが生じます。


病院での治療は、よほどの重症例でないかぎり、保存療法が中心です。
通常は、消炎鎮痛剤、血流改善剤、ビタミンB1などの投薬や、温熱治療などです。
また、頭部を牽引して、首周りの緊張を緩める事もあります。


しかし、病院での治療は、かなり治療期間を要します。
これは、日常動作の影響で、慢性化し、解消が難しくなっている事が、多い為です。
しかも、首の骨や肩甲骨骨の位置がズレテいたり、背骨に歪みやネジレが起きていたりすると、余計に回復が難しくなります。


短期間に回復させるには、やはり、症状の引き金となっている“筋肉”を見つけ出し、この筋肉の、過緊張を解消させる事です。
しかし、首周辺は、筋肉が薄い上に、痛みを感じ易く、しかも、重要な神経や気管などがあるので、経験と技術のある治療が必要とされます。


このような場合、安全で、柔軟性を回復させるのに効果的なのが、マッサージ治療です。
マッサージの治療は、もともと、筋肉の緊張や、身体のダルサや不調などの解消に、利用されてきました。
原因となっている患部の緊張を、直接、解消させるので、即効性のある治療法になっています。


胸郭出口症候群にも、この手技療法が応用されます。
首から肩と、背中の筋肉を、筋肉の走行ごとに、柔軟性を回復させ、血液がスムーズに循環できるようにして、肩周辺の神経の通り道を拡げます。
この為、患者自身も、その場で、この効果が実感できます。
胸元や背中の筋肉の緊張が緩み、また、呼吸が楽になるので、気分がリラックスしてきます。


腕の“しびれ”や“だるさ”の原因に、肩から腕の、凝りの進行があります。
当院は、マッサージ治療をベースに、身体の緊張を解消し、しびれや痛みなどの改善を行っています。
マッサージの施術時間は、最短15分から受け付けています。 お試しください。


(HP) http://nqf32971.cocolog-nifty.com/blog/
ナイスミドル > 店長ブログ
いいね!  2017年4月15日(土) 15:18
コメントを投稿する

人気急上昇のお店
紫雲英(れんげそう)
1 紫雲英(れんげそう)
江戸川区西葛西
葛西警察署
2 葛西警察署
江戸川区東葛西
紅とん
3 紅とん
江戸川区西葛西
鳥萬
4 鳥萬
江戸川区東葛西
Casa DELMARE 西葛西
5 Casa DELMARE 西葛西
江戸川区西葛西
江戸川区 飲み友募集マッチ
江戸川区 カフェ友募集マッチ

ログイン
メールアドレス

パスワード

※パスワードを忘れた方はこちら


運営元からのお知らせ